食べても戻してしまうことが続いていていたので、病院に行った。

胃の動きが鈍っていて、原因はストレスとのこと。

ストレスが原因の体調不良を、今年はいくつ経験しただろうか。

「心療内科に相談してみてください。」

淡々と、精神安定剤を出される。
睡眠のペースが狂う。

更に社会復帰が遠のく。


ストレスの原因は分かっている。

働いていないから。人と接する機会が無いから。

毎日、行くべき場所があること、自分の席があること。
たとえ周りが苦手だなと思う相手であっても、人の気配を感じられること。
それが、どんなに幸せなことか。

私の代わりはいくらでもいる。でも、すぐに辞められたら、困る。
その程度でもいい、その程度の仕事でさえ、今はもう出来る気がしない。

“寝食忘れて”勉強したり、働くことは、私にとって容易なことだった。
でも、今は、睡眠と食事をきちんとすることから始めなければならない。

「ほら、夕飯食べなさい」「もう寝なさい」と、受験勉強中でも声をかけてきた両親。

かつての恋人が、忙しい私の代わりに作ってくれた温かいご飯。違う体温で、誘われる眠気。

そういうものを失って、独りで、眠ったり食事をすることが、これほど大変なのかと、本当に驚いてばかりいる。
 
どうして私は、小学生以下でも出来ることが出来ないのだろう。

それさえ出来れば、また男性と同じ舞台に立てるはずなのに。

自責感と、”誰かが支えてくれさえすれば”という甘えた気持ちが交錯して、どうして良いのか分からない。

 
どうどうめぐり。

今年はずっと、 それの繰り返しで、終えそうだ。


∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ