今日はとても体調が悪いです。
でも一時的なものなのでじっと耐えるのみです。


それよりもとにかく睡眠障害を治さないと夜の仕事も出来ません。
ビジネスホテルの夜勤の仕事に応募したけど音沙汰無しです。
学習塾の事務も午後や夕方からが多いので探したいです。


元夫と別居を始めた頃から、ちゃんと考えて就職活動していたのに「早く働け働け」と急かされてきて、最近は疲れが一気に出て無気力です。

あまり前向きになれません。
勝手に勘違いして勝手に失望した読者の方もいたけど。
普通の人だって常に前向きでいられないのに、こんな状況で前向きで居続ける方がおかしい気がする。
落ち込む自由くらいください。


まずはちゃんと休んで(働いてないけど)、健康を取り戻して、バイトでリハビリしながら就職を探すのが普通の道筋だと思うのに、何もしないで休むことが出来ません。
ついつい求人サイトを見てしまいます。今日も見てしまったけど応募はしませんでした。

「急がば回れ」が出来ません。ついつい焦ってしまいます。

私の「早く働きたい」という気持ちは「早く居場所が欲しい」という気持ちと同じかもしれません。

優しい親に生まれて実家暮らしでニート(就職活動すらしてない人)が出来ていたら、
会社で働きたいと思ったかな?と、ふと思ってしまいました。
そういう意味では、厳しい親のおかげで、労働意欲はまだ失っていないので良かったのかもしれません。

これをきっかけにフリーランスや在宅の仕事を目指すべきかと考えるけど、
誰かと毎日顔を合わせて協力して仕事したいという気持ちがあります。
今は何とか耐えているし寂しいとも思わなくなったけど、孤独は孤独です。
ちゃんと働いて人と関わりたいです。


この間も書いたけど、実家暮らしのニートも「SNEP(孤立無業)」と同じ扱いにされるのは正直、腹が立ちます。
つらさが全然違うのに、と思います。


これを書いた人(玄田有史氏)はどういうつもりで実家暮らしのニートもSNEPにしたんだろうと思います。

孤立無業(SNEP)
玄田 有史
日本経済新聞出版社
2013-08-01




だからと言って、ニートの人のブログやツイッターに嫌がらせしようとは思いません。
私にとって「親は厳しいもの」だと思ってるから、
実家でニートしながらご飯食べれてる人たちは別の惑星の人たちという認識です。

「つらかったら仕事やめていいんだよ」「ゆっくりでいいんだよ」と言ってくれるような親が本当に実在するのか…!という気持ち。
本当にいるんですか!!?今も信じられません。

わざわざ私に嫌がらせコメントしてくる人の気持ちもさっぱり分かりません。
「仕事辞めたいんだろうな」ってことくらいです。


働いていないストレスで、ご飯を食べるのもやっとです。
働いてないストレスって何だよ(笑)
私もそこそこ社会人経験があるから、あのまま普通に働けていたら理解出来なかったと思います。

かと言って、働くのが当たり前だったあの頃に、わざわざ無職やニートのブログを見つけて嫌がらせを言おうと思ったかと思えば答えは「NO」です。
「自分もそうなりたい」とか「そうなるかもしれない」と思う対象に対して怒りが湧くのだと思う。
自戒も込めて。


とりあえず体調を治したいです。



∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ