秘密保持契約を結んだのであまり書かないようにしていたけど、
ブラック企業で悩んでいる人もいるみたいなので私が受けたパワハラを書こうと思います。

「そんなの生ぬるい」と言われるかもしれませんが(笑)


【1】仕事のことだけ考えるように言われる、交友関係を遮断させる
入社後に、とあるプロジェクトで忙しいことを聞かされました。
「しばらくは仕事のことだけ考えてください」と言われました。

業務の特性上、情報漏洩のリスクがあるからとFacebookやLINEなど外の交友関係を遮断させようとされました。
Facebookはすぐ辞めました。

休日出勤の多くなる時期がある為、「来月は土日全部空けといて」等言われました。
年末年始や夏季休暇の際も急な仕事が入るかもしれないとのことで、
「帰省も諦めてください」と言われました。

「外の友人、家族とのつながりを遮断すること=会社への忠誠心」という考えの上司でした。


【2】長時間労働
これはよくあるパターンです。繁忙期は終電での退社もありました。
上司は寝泊りまでしていたので、帰宅することを申し訳なく思う事も多々ありました。

閑散期には定時退社を強要されていたので、トータルの残業時間そのものはそこまで多くありません。
(みなし残業代制だった為、オーバーしないように調整されていました)
ですが入社3か月目には残業時間の多い社員順で10位以内に入っていました。

嵐の中、休日出勤したのに「5時間で帰った」と怒られたこともありました。


【3】無視、悪口など
当時、プロジェクトの関係で、部署全員が長時間労働の状態でした。
そのうち、とある社員が出社しなくなり、他の社員の負担が増えました。
残業時間1位の社員でした。
逃げた社員の悪口をみんなで言うようになりました。

私は悪口を聞きながら仕事するのが嫌になり「もう悪口は辞めましょうよ」と言ってしまいました。
また、私が忙しい合間に友人と食事に行っていることがバレてしまい、「やる気あるの」と怒られるようになりました。
次第に無視されるようになったり、他部署の人に悪口を言いふらされていたようです。
目の前の仕事に忙しすぎて最初は気づいていませんでした。


【4】不当な減給処分
女性社員3名ほどに嫌われ無視されるなどしていましたが、プロジェクトの成功で表彰されました。
にも関わらず、減給処分を受けました。
女性社員3名に媚びを売りたい役員が私に処分をすることで人気を取りたかったようです。

いじめられている中、業務の負担も増え、結果も出しているのに納得がいきませんでした。
その頃から朝起きられなくなり仕事に行けなくなってしまい休職しました。



【その後】
プロジェクトに起因する長時間労働やピリピリした空気の中、男性社員3名と私の計4人が退職しました。

私は休職期間満了退職した後に、「個別労働紛争のあっせん」制度で会社を訴えて和解しました。

和解はしましたが、「仕事を頑張る=交友関係を遮断する」「長時間労働が美徳」という感覚は後遺症になっています。

友達や家族との関係が滅茶苦茶になってSNEPになったのも、仕事を最後まで頑張り切れなかった罪滅ぼしのような気がしてしまいます。

この会社にしがみついてさえいれば、友達や家族との関係も変わらずにいられたからです。

まさか「つらかったから逃げていいんだよ」の言葉を信じて逃げたら手のひらを返されるとは思いませんでした。
今は会社よりも家族を恨んでいます。
「つらかったから過労死してね」と言ってほしかったです。



∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

▼「note」にて有料記事も書いています。
https://note.mu/snep

▼ご支援について
http://snep.jp/archives/7233814.html

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

  

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーリンク