あまり書いていなかったけど、婚姻費用分担請求調停の時に裁判員(?)の人に言われたのが、
「あなたは人とは違う経験をしたんだからそれだけ人として成長して今後に活きてくる」といったこと。

私は離婚の前にも、
会社で上司に受けたパワハラのことで「個別労働紛争解決制度」を使って
会社を訴えて和解したりしています。

今まで2回、法に訴えて、どちらも勝っているけど、その分かなり嫌な目に遭いました。

まず周りの人からの偏見。
「そんな物騒なことしないで早く忘れて前に進みなさい」と諭されました。

被害者が法に訴えることの何がいけないのか、法が決めた制度を利用することの何がいけないのか。

私は不当な扱いを受けて傷ついて理不尽な気持ちを解消することを目的でやってた。
毎日毎日よく眠れなかったり、生きるのが嫌になったり、食べても全部吐き出してしまうような生活を送っていて、自分だけが傷つきっぱなしなのがつらくて、制度を利用した。

それなのに、私は心身ともに元気で、お金目当てでやってると勘違いした人たちから中傷されたりした。親ですら。


「働いて得たお金以外は認めない」って、日本人の考え方、本当に嫌いです。

この話は書くと長くなるし憂鬱になるからやめるけど、
あの時「人とは違う経験をしたんだからこれから良い人生が待ってるはず」と励まされたけど、
こんなことを堂々と話したらまた偏見で見られるに決まっています。
結局は隠さないといけない。

就活がうまくいかないのも、もしかしたら前職調査で「あの人は労基署に行って訴えてきたんですよ」と言われてるかもしれない。

何も経験が活きないどころか足かせになってしまっていて、少し後悔しています。

私に訴えるのをやめろと言った人たちは、こうなることを予測して「将来的に考えたらマイナスになるかも」と建設的なアドバイスはしてくれなくて、ただ「訴訟する人=怖い、お金目当てで卑しい」というイメージだけで反対してきたけどね。

何か今までの経験を活かせることがしたいけど、結局は何も出来ていません。

悲しくなる。

でも、パワハラされて会社に行けなくなって引きこもりはじめた頃は
毎日寝てばかりいてベッドからほとんど動けない生活だったけど、
今はこうしてブログを書いたり、面接に行けたりしているから、
かなり前進したと思います。



∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

▼「note」にて有料記事も書いています。
https://note.mu/snep

▼ご支援について
http://snep.jp/archives/7233814.html

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

  

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ