就職活動がうまくいかなくて5月6月はやる気がなくなって笑顔も失ってたことに気付きました。
自分で思ってた以上に暗く見えていたと思う。
とはいえ私は今メンヘラで、それがバレていないだけ頑張ってる気もする。

最初は就職活動で夢を叶えようと希望もあったけど、
今はそれどころじゃないから当初の目標を見直そうと思う。

(1)自立して生きられる収入
これだけは絶対に譲れないというかこれがないとどうしようもないと改めて思いました。


(2)社会貢献度の高い仕事
どんな仕事でも社会に貢献しているのはもちろん分かっているけど、
私にとって「社会に貢献してる」と感じられる業界が良かった。
最初はエンターテインメント業界を志望していた。
友達も恋人も家族もいない、独りぼっちの私を今支えているのは音楽で、
生きる希望とか勇気をもらえるもので、消えたい気持ちを紛らわせてくれる。
だから音楽業界で働いて貢献したかったけど、ほぼ全滅しました。
業界的にブラック気味で、実際にあっさり内定取消されました。

芸能人に会えるかもしれないというミーハーは気持ちはあまり無くて、
実際にあまり知らないアーティストの所属事務所ばかり受けていました。

ただ、出社時間が10時とか11時とか遅めの会社が多いから
睡眠障害でも働きやすい業界かなと思ってました。


(3)経験を活かして即戦力として働ける
新しいことに挑戦したい気持ちが全くないわけじゃないけど、
出来ることでいち早く認めてもらって会社に貢献出来る仕事の方が良いと思ってます。


(4)定年まで勤められる環境
今も既に苦労している通り、転職回数や離職歴があると再就職に響く。
だからこれが最後の就職活動にしたいと思っていました。
でもこのご時世、そんな会社なかなかありません。
これはもう諦めようと思っています。


(5)上だけを見ていられる環境
ブランクのことが気になって、自分の中でコンプレックスです。
次に働く場が得られたら、まずは仕事をちゃんと覚えて、また新しいスキルを身につけて
会社により貢献出来る人材になりたいと思っていました。
語学力を磨いたり、業務に必要な資格を取得したり。
現状維持で満足せず、上を目指せる環境で働きたかったです。
これもしばらくは諦めようと思います。


(6)楽しく働ける環境
楽しく働けるかどうかは自分次第。よっぽどひどい会社じゃない限り。。
これは会社に要求するものじゃなくて、自分でなんとかするものだと思い直しました。


(7)言いたいことを言える人間でいる
私は10代の頃から、男の人の顔色を窺ってビクビク生きる女にだけはなりたくないという強い思いがありました。
だから仕事が出来る女にならなければ男の人に見下されるような気がしていたけど、
これからはそういう男の人と関わらなければいいだけかもしれません。


(8)社会の役に立つ人間になる
私にとって、「社会に貢献する」「会社に貢献する」というのはすごく重要なことで。
肩書きがなくなって、精神状態が安定しなくなって、沢山の人たちが離れていきました。
そしてSNEPになりました。
普通だったら、仕事を辞めたくらいで友達や、まして親にまで嫌われることはあまり無いと思う。
でも私は友達付き合いに色々問題があったり、親に恵まれなくて、こういう状況にまでなってしまいました。
だからせめて社会の役に立つ人間になりたいと思ってしまいます。

どんな仕事でもどんな雇用形態でも社会の役に立っていると思うけど、
離れていった人たちや、ブランクのことがあって、一発逆転しなきゃと焦ってしまいます。


(9)生きている意味のある人間で居続ける
これも上記と重複しているかもしれないけど、
人から嫌われても、良い仕事をしていて社会に必要とされていれば、生きていても許される気がする。


(10)ゆるく強く生きる
これが今の私に一番足りないものかもしれません。
「会社でパワハラされなかったら」
そこそこ有名な会社で上を目指して働き続けていた自分を何度も想像してしまいます。
ドロップアウトしたことを認めて、この状況を楽しめるようになりたいと思います。
正社員や総合職や上場企業しか知らない人たちとは違った目線や柔軟さを身につけて、
それを楽しめる人間になれたらいいなと思う。



∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

▼「note」にて有料記事も書いています。
https://note.mu/snep

▼ご支援について
http://snep.jp/archives/7233814.html

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

  

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ