30代SNEP女の日常

一人暮らし、無職。SNEP(孤立無業者)の日々の泡。

「note」にて主に恋愛関係の有料記事も書いています。
https://note.mu/snep


カテゴリ: 就職活動

この間、某有名チェーンのケーキ屋さんにバイトの応募をしいて。
今日電話が来たんだけど「ちょっと先の話ですがクリスマスは3日間出勤ですがいいですか?」って聞かれた。まだ春にもなってないのに!

もともと、短期勤務でOKか聞いてから面接に行こうと思っていたから、
「あの、繁忙期の出勤は問題ないですが、短期バイトを探しているのでクリスマスは……」
って言ったら、やんわり説教されちゃった。
正社員の就活と並行してやりたいってことは伝えて。

「バイトも1~2か月で身につくものじゃないので、短期ですと…ねえ」だって。

それで面接を断った。

繁忙期に働くのは問題ないけど、じゃあ時給1,000円で毎月生活出来るだけシフト入れてくれるのかな?


その後はWantedlyっていう求人サイトで面談を申し込んでた会社に行った。

Wantedlyは変なサイトで、リクナビやマイナビと違ってまず書類選考するわけでもないし、労働条件も書かれてない。
面談に行って会社説明を受けて、雰囲気を知って、良ければ応募、って感じみたい。

メッセージでは「ぜひあなたのご経歴が活かせるかと思います!!」って雰囲気だったのに、

「正社員のブランクがあるんですねー」
「未経験職種ですから、ちょっとスキル不足かもしれないですねー」
って話になって。

未経験でも良いのかと思ったから行ったのに……。

応募してこないでね!!って意味かなって被害妄想。


その会社はアルバイトも募集してたから、正社員がダメならアルバイトとして…と思って話を聞いたけど、

「うちはアルバイトも誰でも出来るわけじゃないですよ」って言われちゃった。

時給1,200円。学生バイトの時給じゃん。

ちゃんと経験とスキルの必要な仕事なら、派遣社員で時給2,000円くらいの内容だった。


Wantedlyは気軽に応募出来るし返信率も高いけど、年収も分からないし、説明聞いてからやっと応募だからステップが長くなりそうだし、交通費もったいないし、使うのやめようかな。

初回で気づけて良かった。前向きに考えよう。。


  

『独身・無職者のリアル』 『孤立無業(SNEP)』

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

もともとカラオケはあんまり好きじゃなかった。
音楽を聴くのは好きだけど、歌うのは下手。
会社の飲み会で行くことになっても、音痴だし、知らない曲を入れてしまって気まずい雰囲気になる時とかあって嫌だった。

それなのに、無職・独り暮らしになってからはよく一人でカラオケに行く。

面接の練習をしたり、好きな曲を歌って声を出してる。
電話する相手もいないくらい独りでずっと引きこもってる時期は、声を出せる時間が貴重だった。
家で練習しても良いんだけど、隣に自己紹介の声が聞こえたら恥ずかしいなとか考えちゃって。


今はけっこう面接にもなれたけど、全く声を発しない日ももちろんあって、ストレスも溜まる。

練習してたら少しずつだけと歌うのもうまくなってきた気がする。

「カラオケ行こうよ!」って誘われても、趣味が合いそうな人なら行けるようになったかな。
最近はそういう誘いもないけどね。

普通に働いてて、「良い会社があったら転職したい」っていう人がライバルなんだから、
ちゃんと理路整然と会話出来て、明るく振る舞えるように、出来る範囲のことはしようと思ってる。

いつも必ず歌うのは、フジファブリックの「若者のすべて」と、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ソラニン」かな。

歌いやすいしすっきりする。





「ソラニン」は恋人たちの別れの曲みたいな歌詞だけど、「過去の自分との決別」って意味もあるみたい。

あの時、うつ病にならなかったら。あの時、休職しなかったら。
あの時、電車に飛び込んで終わってしまっていれば。

こんな思いしなくて済んだのかもしれない。

会社員のままでいたら、親に見捨てられることも、友だちが離れていくことも無かったと思ってて。
でも、たらればを考えても仕方がないから、出来る限りのことをやって、社会人に戻りたい。

働く意義とか、昔もそれなりに考えていたつもりだったけど、もっと自分のやる仕事の意義とか、稼いだお金の使い方とか考えたい。


今日、ブログを読んでくださっている方からご支援をいただきました。
有意義なことに使えるように考えます、本当にありがとうございます。


  

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

↑このページのトップヘ