また「正社員」になりたくて、「派遣社員」にはどうしても抵抗があった理由。

正社員は雇用が安定しているからとか交通費が出るからとか賞与があるからとかだけじゃないことに気付きました。
(交通費も賞与も労働基準法上の義務じゃないけど)


SNEP(孤立無業)をやっていると、精神的な「居場所」がありません。
いつも自分ひとりだけの世界です。

だから、「正社員」として、たとえ名目上にしろ「ずっといていいよ」と組織に受け入れてもらうことを求めてしまうのかもしれません。

それに、正社員として雇用されたら、後々もしパワハラやリストラに遭った時に行政に助けてもらえる確率が高まります。

私は会社を訴えて、和解金をいただいた経験があるので、
「身内」でさえお金にはシビアだけど、「会社」はお金でお詫びしてくれる、というイメージになってしまいました。

もちろん、訴えるのはとても労力がいります。
結論が出るまでの間、毎日のように吐いたり、命を投げ出したくなるほどつらかったです。

内定取消だって本当は訴えていれば、謝罪のお金がもらえたかもしれません。
証拠のメールは残っているので今からでも訴えることは出来るけど気力がありません。
もう争って消耗するくらいなら、生活保護を受けて人生を立て直そうと思っています。


∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

▼「note」にて有料記事も書いています。
https://note.mu/snep

▼ご支援について
http://snep.jp/archives/7233814.html

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

  

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ