30代SNEP女の日常

一人暮らし、無職。SNEP(孤立無業者)の日々の泡。

「note」にて主に恋愛関係の有料記事も書いています。
https://note.mu/snep


カテゴリ: 離婚

内定取消で昨年の夏からの疲れがどっときて、何も出来ない。

この半年余りで起こった事をまとめます。

=== 2017年 ===

【8月】
・実家に逃亡、別居開始。
・元夫から家具を撤去しろと言われ、地方暮らしが確定。

【9月】
・福岡での就職を希望していたが両親から反対される。
・気持ちを切り替えて地元で就職活動を開始。
・婚姻費用分担請求調停申立。

【10月】
3社内定を貰う。

・老舗洋菓子屋
 →正社員の募集だったが、正社員登用時期不明のアルバイト採用で内定、時給不明。
・パチンコ屋本社
 →一般職、月給17万5千円。面接では総合職(月給30万円)を勧められたが一般職とのこと。
・地方テレビ局子会社
 →半年間の期限付きバイト。時給千円。

【11月】
・内定を断る。もう少しじっくり探したいと両親に相談するも喧嘩(特に母親)。
・実家では暮らせないと判断、地元で賃貸を探す。どのみち一人暮らしなら都会志向が強まる。
・再び喧嘩、約12日間、ビジネスホテル生活。ほとんど寝て過ごす。
・逃亡先を探す。土地勘がありシェアハウスの多い東京に決める。
・婚姻費用分担請求調停1回目。母に反対されながら出席。

【12月】
・再び就職活動。
・約1か月で最終面接3社(うち内定1社)。
・マッチングアプリで知り合った人と少し仲良くなる。
・精神状態が不安定で耐え切れず、離婚届提出。


=== 2018年 ===

【1月】
・年末年始を鬱鬱と過ごす。
・婚姻費用分担請求調停2回目。精神的に不安定で欠席。
・先に内定をくださった企業に決めた為、結果待ちの2社を辞退。
・ツイッターで知り合った人と交際することになる。
・内定先の労働条件が事前に聞いていた内容と異なったり、体調が優れず入社を辞退する。
・役所から生活保護申請を勧められるも断る。


【2月】
・ツイッターで知り合った人が頼りにならず破局。
・婚姻費用分担請求調停3回目。希死念慮に苦しみながら出席。仮決定。
・就活2周目。12月と比べうまくいかない日々。無い内定。
・アルバイトも同時進行で探すも不採用ばかり。

【3月】
・内定をいただくも内定取消。
・マッチングアプリで知り合った人が数人いるも深い中にはならず。相談相手もいない。
・体調は少しずつ回復。

【4月】
・さすがに4月には働いているだろうと思っていたけど無職のまま。
・内定取消のショックで何も手につかない。


============


個人的には激動の半年でした。

特に、地方で一生暮らす覚悟を決めた後に追い出されたのがつらかったです。

最低賃金737円の生活から、また以前のように東京での暮らしへ。

でもなかなか仕事は決まらない。

出会いに関しては格段に東京の方が有利だと思うけど、もう養ってもらいたいなんて思えないし。


とにかく疲れました。

今日も眠れない。

早くこんな地獄から抜け出したい。



  

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴


ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


精神的に耐えられなくて離婚したけど、婚姻費用分担請求調停はまだ続いてる。

本当につらいことはインターネットでも書きにくくて。
かといって、周囲の人に相談しても、「意地汚い」って言われたり、
生々しくて申し訳ないし。


婚姻費用分担請求調停は簡単にいうと別居中も生活費払ってねってこと。
別居していても、夫婦は同水準で生活すべきって考え方に基づくみたい。

婚姻費用分担請求調停で生活費を確保するために知っておくべき6つのこと
婚姻費用分担請求 | 離婚とお金について | 弁護士が教える パーフェクト離婚ガイド


「同水準で生活」だから、子どもがいなくても支払い義務がある。
裁判所が公開している算定表で、月の金額が決まる。

養育費・婚姻費用算定表

元夫が私に支払うべき金額も調停1回目で決まったのに、払ってくれなくて。
調停はあくまで話し合いの場だから、強制力は無い。

裁判所から義務があるって説明受けて、頭では理解していても心が理解していないのかな。

当初はすぐに終わると思ってた。調停する前に和解出来るかもとも思ってた。
でも実際は長引きそうで、私はどんどん疲れて。一緒に闘ってくれる人は誰もいないし。
それどころか、母親は調停を申立するなと責めたり。

役所の人に「生活保護を受けて、まずは体調を治した方がいいんじゃない」と勧められたけど、今のところギリギリなんとかしてる。

あれだけ毎日「好きだよ」「愛してるよ」と言っていた元夫。
一緒に暮らさなくなれば、その愛してた人が生活保護受給にまでなっていいんだ…。
そこまでお金が大事なんだってびっくり。

むしろそこで「社会復帰の為に使って」ってバーンとお金をくれていたら、好きになっていたかもしれないのに。

わざわざ会社を休んで、調停にはしっかりやってくる。変なところで真面目。
真面目に振る舞ってポイント稼いでも、義務は義務なんだよ。
私が疲れて取り下げるのを狙ってるのかな。
取り下げたら何か良い事あるかな。


本当に、結婚する相手を間違えたし、その間違いに気づけて良かったとも思うけど。
とにかく早く終わって欲しいな。


  

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


↑このページのトップヘ